なぜ子育てと仕事を両立したい人が多いのか

社会的な居場所が欲しい

子育てと仕事を両立することが大変だと言う事は言うまでもありません。

今実際に経験しておられるお母さん達は大変な毎日でしょうし、経験していなかったとしても大変であることは容易に想像がつきます。子育てひとつだけでも大変ですし、仕事を行うことだけでも大変だからです。でもそこまでして両方を両立したい人が多いのはなぜでしょうか。

一つには母親が育児だけに追われていると社会的に孤立してしまう状態を恐れてしまうからです。もちろん母親として子供にたくさんの愛情をかけてあげたいと思うのは当然ですし、寂しい思いをさせたくないと思うものですが、それ以上に家庭にしか自分の居場所がなくなってしまうことに恐怖を覚えてしまう女性がとても多いと言います。
子供が生まれる前まではバリバリ仕事をこなしていたのに、子供が生まれて家に子供と2人でずっといる時間が増えると、社会に置いてきぼりにされた様な気持ちになり、夫と子供以外自分のことを必要としてくれる人がいないのではないかと精神的に不安定な状態になってしまう症状が見られることがある様です。

そのため忙しいのは承知で、なるべく早めに職場に復帰し、母親業と同時に仕事を行う女性としての立場も確立したいと考える様です。
もちろんこれは個人で決めることですし、夫の協力の有無や、家庭の環境などにもよりますから正解はありませんが、忙しすぎてイライラして子供に当たってしまう様な事があってはなりません。

金銭的に必要

なぜ子育てと仕事を両立したい人が多いのか

今は経済的にもとても難しい時代です。夫の給料だけで余裕のある生活が出来ると言う家庭は少ないことでしょう。
片方の給料だけで生活できたとしても、自分のために働くと言う女性もおられますが、多くの方は家計を助けるために外に働きに出ると言う場合がほとんどでしょう。

子育てもお金がかかるものです。

赤ちゃんの頃も何かと必要なものが多いですし、学校に通うようになればまた必要なものも増えてきます。年齢が増すとともに必要となる金額も増えていくと言われています。
子育てや仕事などでの人間関係でただでさえストレスが溜まっているのに、それプラス金銭的な圧迫があると余計イライラが溜まってしまい、押しつぶされそうになってしまうことさえあるかもしれません。また金銭的にギリギリではないとしても、自分の欲しいものを遠慮なく購入するため、または子供の欲しがるものを我慢させたくないと言う思いから働くと言う母親もおられる様です。
家庭によって様々な状況があるとはいえ、子育てと仕事を両立するためには多くの犠牲が伴うのかもしれません。

次のコラムを読む→子育てに母親の影響が及ぶ?