ママ友と喧嘩

ママ友とこじれる

子育てを行っている母親たちがたくさんの問題に悩まされていることは事実です。

初めての子育ての場合何もかも初めての経験ですし、子供の事に関しても、夫婦でどの様に子育てを行っていくかに関しても、子供に関係する人たちの付き合い方に関しても頭を悩ませる時期があるかもしれません。

多くの母親たちの悩みのタネとなっているのは、ママ友との付き合い方です。

人それぞれ友人としての付き合い方は違うものです。

いつでも一緒にいたいと言う人もいますし、必要な時だけ力になれば良いと思っている人もいます。

学生時代のようにただの友人同士であれば良いのですが、子供に関して繋がっていると言う友人関係は、時に不安定なものとなりえます。

似たような環境に置かれている故に、ママ友の生活が羨ましく感じそれを態度に表してしまうママ友もいる様です。

みんなで無視をしたり、無理な仕事を一人に押し付けたり、家庭に入り込んだりしてわざとママ友を困らせるのです。

そのような状況に堕ちた母親はストレスが溜まるでしょうし、どの様にママ友達と付き合っていったら良いのか分からなくなってしまうでしょう。

子供同士も関係していますし、幼稚園や学校すぐに変わるわけにもいきませんから、今日から抜け出せないと言う母親も少なくありません。

結局それが原因でノイローゼになってしまい、外に出れなくなってしまったり、子供関係の人達と会うのを避けたり、精神的なうつ状態になってしまう人もいるほどです。

どのように対処するか

ママ友の悩み相談

ママ友との付き合い方に関して色々な注意事項を述べている本やインターネットの情報、

メディアのニュースなどを色々ありますが、多くの母親たちが気をつけている点についてご紹介したいと思います。

まずはママ友達と揉めないように予防することが大切になってきますが、ママ友とこじれる原因のひとつは嫉妬という感情にあると言われています。

逆にその理由がほとんどだと言われていますから、嫉妬されないように気をつければ良いのです。

自分にとってはそんなに羨ましがられる様な良い生活ではないとしても、他の人から見れば羨ましく感じることもあるのかもしれません。

なるべく自分の家の中の情報を流さないこと、また家にママ友を招くと生活が全て見えてしまい、生活基準がわかってしまうのでなるべく家に呼ばない様にすること、夫とのエピソードを話さないこと、でしゃばりすぎないことなど気をつけている母親が多いようです。

またある程度の距離を置くことも必要ですが、あまり付き合いが悪すぎるとそれはそれで目をつけられることもありますから、

適度に必要な行事にだけは顔を出し、協力する姿勢はあることは示しましょう。

関わりすぎないと言うのが、一番の予防策かもしれません。