子供電車乗る

公共の乗り物に乗れない

よく電車やバスなどに妊婦さん専用の座る場所やベビーカー専用のスペースなどをご覧になったことがあるでしょうか。

最近では子育て世代が公共の乗り物を利用しやすいように様々な配慮が出されています。

それでも子育て世代の母親たちの中には公共の乗り物に乗るのが怖いと言う人たちも少なくありません。

乗り物自体が怖いと言う訳ではなく、周りに乗っている人たちの反応が怖いと言うのです。

子供が小さかったりするとバスや電車に乗った時、子供が泣き出してしまうのはよくあることです。

いつもと違う状況に違和感を感じるのかもしれませんし、怖いのかもしれませんが、親がどれだけあやしても泣き止まないと言うこともよくあります。

密室の状態なので子供の泣き声もよく響き、近くに座っている人や同じ空間にいる人たちがイライラしてしまうと言うのはよくある話です。

子育て経験のない独身の方や子供には縁のない方は特にどうして子供が泣いているのか分からずに、苛立ちを言葉にしてしまったり、表情に出してしまう場合も少なくありません。

母親も一生懸命あやしているのに子供が泣き止まないと焦りますし、その焦りを感じて赤ちゃんを泣き止まないと言うサイクルに陥ってしまいます。

周りの人の冷たい視線や態度がトラウマになってしまい、子供と一緒に公共の乗り物に乗るのは怖いと感じてしまう母親が増えている様です。

みんながみんなそんな反応なのではないですが、育児に理解がないと言う人もいるのは事実ですから、それは仕方のないことかもしれません。

ですが車がなく、移動するには公共乗り物しかないと言う所に住んでいる母親は、この公共の乗り物に乗らなければならないと言うストレスから逃れることができないかもしれません。

相談できる人がいない

子育て相談

育児は悩みながら、迷いながら行っていくものです。

子供と共に親も成長すると言われる様に、子育てにおいて悩みやストレスを抱えながら成長していく親も少なくありません。

ですが育ては1人で行うことができません。夫婦でも協力するのはもちろんですが、やはり相談したり話を聞いてくれる人が必要でしょう。

そうでなければストレスが溜まってしまったり、疲れが限界まで来てしまいノイローゼになってしまう場合もあるからです。

多くの母親が子育ての問題において誰に相談すればといえば、それはやはり自分の母親でしょう。

配偶者の親である姑に相談すると言う場合もあります。

私は子育てを経験した人達ですし、立派に子育てを終えて人生経験も豊かです。

たくさんの経験を積んでいる分、いろんな問題に対処してきたでしょうから、とても心強い支援者です。

親や親族が近くにいないと言う場合も最近は多いので、もちろん電話や skype などを使って話すことができますが毎日そうすることはできず、身近に相談できる人がいなくて孤立してしまう母親も増えているのです。

こうなってしまうと精神的に追い詰められてしまい、最悪の場合子供を虐待してしまったり、殺してしまうなどの恐ろしい事件に発展しかねません。

親や親族などではなくても、なるべく身近に同じ子育て世代の母親などの境遇が似ている人と話ができる機会を作っておく必要があるかもしれません。