大阪1カウンセリングのみうらゆういちろう

”大阪 心理カウンセリング”のみうらゆういちろうご紹介

初めまして、心理カウンセラーのみうらゆういちろうです。現在大阪を中心に、関西全域で様々な悩みを抱えた方を対象にカウンセリングを行なっています。

カウンセリングに来られる方は大阪の方が多いですが、口コミを聞いて他府県からも多くご依頼いただいております。

「大阪心理カウンセリング」へのご相談内容はお仕事の悩み、夫婦関係の悩み、人間関係の悩み、育児の悩みなど、様々な内容ですが一人ひとりにあった解決方法を見つけるために、じっくりとお話を聴くことを心がけています。

大阪で心理カウンセリングを行うまでの経歴

カウンセリングを始めるまでの経歴
中学からはじめた陸上競技 やり投げでインターハイ2位の記録を持ち京都産業大学 陸上部 総主将を務めるなどし11年間陸上競技を続け、将来はオリンピックへ出ることが目標でした。しかし肘を怪我して挫折を味わいそれでもインカレ9位まで復活。卒業を控えやり投げに没頭していたので良い就職先が見つからず、家族にすすめられた航空自衛隊の試験を受け、京都府で800人中3名の中に選ばれ入隊し、レスキュー隊として3年間勤務しました。

しかし入隊後は単調な生活と上官をみると自分の将来がどうなるかわかり、夢のない毎日に嫌気がさしました。そんなある日当時の彼女の「あなたに夢をもらった、あなたの影響がおおいにあります」と言われたことから、人に夢を与えることの素晴らしさを知り人の夢が創れるような仕事をしようと決意しました。

私は今まで、先輩後輩友人含め10名も自殺で亡くしています。また姉が強度な鬱病になったり、私自身人間関係のトラブルで悩みを抱え、鬱になった経験もあります。

そのような経験から、義務教育では教えてくれなかった、社会に出て本当に役に立つ学びを教えてくれる環境を作りたい!

それが私の最初の夢でした。その夢は奇跡のような必然的な出逢いで航空自衛隊を退職後3年目で叶いました。その環境が、「実践心理学スクール 大人の学校 大阪校」です。

トップクラスの厳しい環境の中で結果を出し続けて培ったメンタルと、ヤンキース田中将大投手のメンタルトレーナーや能力開発教材の世界ナンバーワンメンタルトレーナーから人間成長教育の科学を習得、そして自分を救ってくれた実践心理学を活用し、27歳で独立。現在はビジネスマンの方や、人間関係に悩みを抱える方、スポーツ選手など様々なジャンル方のメンタルトレーナーとして活動しています。

カウンセリングを始めたきっかけ

カウンセリングを始めたきっかけ
私が大阪で心理カウンセリングを行う前、航空自衛隊に所属していました。その頃、このまま54歳の定年退職を迎えて人生の半分を終えていいのだろうか?という「目に見えない不安」や「物足りなさ」と向き合っていました。

その心のスキマを埋めたのが元彼女でした。その子はやりたいことを追求する私の姿に影響されて夢ができ美容師を辞めました、そして現在夢を叶え雑貨屋の経営しています。

その時「私に夢ができました。あなたの影響が大いにあります。」と言われた瞬間に物足りない心が満たされて、夢をサポートする仕事で生きて行こう!これでご飯を食べていけたらなんて幸せな人生なんだと確信しました。そして心理カウンセリングの勉強をはじめました。

退職後はコールセンターで働きながら週末にセミナー開催をしたり、資金集めのために完全歩合制の営業マンとして働いたりしましたが、稼ぐための仕事にスケジュールが埋まってしまい、本来やりたい教育活動ができていませんでした。

やっぱり私は教育の仕事をずっとやっていたいという思いから本格的に教育活動を復活し、現在は「学びを買うと幸せの花が咲く」という究極目的を掲げ、良い学びを当たり前化するため心理カウンセラーとして活動しています。

今後の夢や目標

  • 楽しくて楽しくて、大好きで大好きで仕方ないと思える家族、組織、集団を1つでも多くつくる
  • 文部科学省に認められ義務教育に実践心理学を導入し人生で物凄く役に立つ学びを教える環境をつくる
  • 教育でノーベル平和賞をとる。
  • 私達の孫やひ孫が安心して住める世の中、犯罪やトラブル、もめ事のない社会を作る
  • 安心、安全に生きていけるための予防習慣を身につけて頂く。
  • トラブルや犯罪の予防、未然防止の根本となるより、健全な人材育成をする。
  • おとなだけではなく、子供たちに対して、元気で活き活きとした子供、愛情あふれる子どもを育成する
  • 日本だけでなく海外で国際的なもめ事やトラブルを減らせるような人材を育成する

▼育児に関するお悩みはこちら
【子育てや育児のストレスを解決する○○】

▼コミュニケーションに関するお悩みはこちら
【うつ病・コミュ障・引きこもり経験者が語る解消法】