夫婦間不和セックスレス
夫婦間のセックスレスについては多くの方が目を背けている問題かもしれません。大阪心理カウンセリングでカウンセリングの依頼を受ける際もなかなか恥ずかしくて言い出せない方も多いようです。しかしこれはとても大きな問題です。相談することに抵抗があるあなたのための記事です。

夫婦関係にヒビが入ってしまうきっかけ

「付き合っている時はとても順調だったのに…」「付き合い始めた頃は仲良しだった…」など、現在夫婦やカップル関係の不和に悩んでいる方も、最初から関係が悪かったわけではありません。

何かがきっかけで二人の関係に溝ができてしまい、悪循環に陥ってしまうのです。

ではどのような原因が考えられるのでしょうか。ここでは最も多い夫婦関係の不和や離婚などの原因を解説していきたいと思います。

原因①セックスレス

原因1セックスレス
日本ではセックスに対して消極的なイメージがあります。堂々とセックスについて話したりすることはあまりなく、そういった話題を避けようとする風習があります。しかしセックスレスは離婚の原因として最も多いと言われています。口に出さない分、不満や不安が募っていきやすいのかもしれません。

セックスレスになってしまう要因は夫婦やカップルによって違います。例えば男性側の独りよがりな性行為は女性にとっては苦痛です。しかし好きな相手に拒否する事ができずに我慢してしまいます。こんな事が続くと、セックス自体に嫌悪感を抱いてしまうようになります。

また普段の生活からセックスレスになる事だってあります。例えば服を脱ぎ散らかしてしまう旦那さんと、それを我慢して片付ける奥さん。奥さんの方は少しずつストレスが蓄積されていき、蓄積されたストレスは別の場所でも不満を生みます。

ちょっとした事でイライラしたりムカついてしまったり、、、そしてそれはセックスレスに繋がることもあるのです。

セックスレスに悩む「大阪心理カウンセリング」

セックスレスは、多くの方が考えているよりも重大な問題です。ただ快楽を求めるだけではなく心が満たされるべきものですから、パートナーに拒否されたり、全くなくなってしまっている状態はとても寂しく、悲しい現実に感じるでしょう。無力感を感じたり「自分には魅力がないんだ」と感じると徐々に相手への愛も冷めていくのかもしれません。

もちろん体の機能不全ということでしたら別の問題になりますが、お二人が健康な男女であれば解決するための試みが必要です。

52%の夫婦が悩んでいる

52%が悩むセックスレス「大阪心理カウンセリング」
ある調査では「あなたは現在、セックスレスですか?」という質問に、52%もの人が「セックスレスです」と答えているそうです。半分を超える夫婦がレスになってしまっているようです。

また結婚後5年以上からレスになってしまった人は全体の3割強という結果でした。

しかし夜の営みがない夫婦でも、性欲は人間としてはごく自然な欲求です。セックスレスが「浮気」の原因になる事があります。→夫婦の問題《浮気・不倫》についての記事はこちら

レスの夫婦は浮気願望が…

浮気とセックスレス「大阪心理カウンセリング」
「浮気」に関しては次の記事で解説していますが、「セックスレス」を自覚している方に浮気願望があるかという質問を投げかけたところ「ある」と答えた人が過半数を超える結果になったそうです。

もし今あなたがセックスレスで悩んでいるなら、それがパートナーの「浮気」に繋がる可能性もあります。性欲は健康な男女なら誰にでもある自然な欲求ですが、浮気や不倫をされてしまうと何もかもうまくいかなくなってしまうかもしれません。

そうなる前に、解決の糸口を探してみましょう。

大阪心理カウンセリング【おすすめの記事】
続きを見る→【夫婦関係の問題「浮気・不倫・DV」について】