不倫による夫婦関係の悪化
夫婦関係の大きな問題の一つとして不倫やDV・または離婚問題などがあります。当事者にとってこれはとても辛いことであり簡単に解決できる問題ではないかもしれません。しかし大阪心理カウンセング・みうらゆういちろうはあなたの悩みを全力で受け止めます。

浮気や不倫があった夫婦関係

浮気・不倫をされた方は、精神的にとても大きな傷をおいます。単なる「ショックな出来事」ではなく、自尊心を失うほどの衝撃を受け、自分自身の存在価値を感じられなくなる人もいます。

言うまでもありませんが夫、または妻のことを信じられなくなり、夫婦の信頼関係も崩れ去ってしまいます。

相手だけではなく自分を信じられなくなる

人は自尊心を失うと、自分の価値を信じられなくなることがあります。結婚相手(夫・または妻)のことが信じられなくなるのは当たり前ですが、自分の価値さえ信じられなくなるのです。

DVやモラハラ

DVによる夫婦関係の悪化
DV・やモラルハラスメントは深刻な問題です。「DVやモラハラは別れるしかない」と心理士が言うほど困難なのです。

加害者側が自覚し改善しようと努力すれば、治る場合もありますが断言はできません。

心理カウンセラーとして、夫婦双方が「改善に向かおう」としている方々の応援・支援をしたいと思います。

離婚

夫婦関係の悪化と離婚
夫婦関係を改善しようと取り組んでいても、結果的に離婚と言う選択肢ととる場合もあります。関係の修復が困難であり「離婚が最善策」だとご本人が納得した場合離婚ということもあり得るでしょう。

ですが離婚することによって、当事者は精神的な辛さを感じるでしょうし、奥様の方は経済的に苦しくなるかもしれません。お子様がいらっしゃる場合は様々な問題が生まれることもあります。周りからの評判も気になる方もいます。

離婚に関する問題はとても複雑で「離婚すべきだと思っているけど、離婚できない」というケースで葛藤に苦しむ方が大勢いらっしゃいます。

夫婦関係の悪化と修復

夫婦で大阪心理カウンセリング
一度溝ができてしまった夫婦関係は、お二人だけでは解決できない問題がたくさんあります。一番近くにいるからこそ、コミュニケーションの悪循環に陥ってしまうからです。

絆があるからこそ、悪循環にはまってしまったり葛藤で悩んだりするんですね。

ではコミュニケーションの悪循環とはどのようなものでしょうか。

次の記事で詳しく解説したいと思います。

大阪心理カウンセリング【おすすめ記事】
続きを見る→【夫婦関係・コミュニケーションの悪循環について】