mama

急に仕事を休まなければならない

子育てをしながら仕事を行っている母親たちはたくさんいます。

働いている母親はとても格好良いもので、子供にとっても自慢の母親かもしれません。

子供のために一生懸命仕事を頑張りますが、時には子供のために仕事を急に休まなければならないことを生じるでしょう。

特に子供が小さい時には急に熱を出したり、朝になって急に体調が悪くなったと言う場合も多く、急に休んだり、早退して子供を迎えに行かなければならなくなったりすることが多く見られます。

それは仕方がないことですが、職場にいる同僚すべてが子育てに関して理解を示してくれるわけではなく、実際に誰か他の人に自分の仕事をしてもらわなければならないのですから、迷惑をかけてしまうことは事実です。

そういったことが続いたりすると、職場での人間関係がギクシャクしてしまい、ストレスが溜まってしまうかもしれません。

なるべく子育てと仕事を上手に両立させたい場合は、子育てに対してかなり理解のある職場を選ぶことが必要かもしれません。

独身の人が多かったり、子育ての経験のない世代の人が多い職場は仕事が生活の中心ですから、やはり子育てしている母親の状況や気持ちは理解しづらいかもしれません。

だとしたら支援を受けにくい環境ですから、子育てしているものとして自分の置かれた状況にあった職場を選ぶ必要があるかもしれません。

子供に寂しい思いをさせる

寂しい子供

仕事をしている母親にとって一番辛いのは子供が寂しい思いすることです。

子供が寂しそうな顔をしているととてもつらい気持ちになります。

もちろん寂しい思いをさせるつもりはないのですが、仕事が忙しい時などには注意がそちらに集中してしまいますから、なかなか子供の話を聞いてあげれなかったり、ゆっくり一緒にご飯を食べる時間がなかったりするかもしれません。

子供は母親の感情にとても敏感です。

母親がイライラしていると、子供も神経質になりイライラが移ってしまいます。

母親の注意が他に向いているため子供は寂しい思いをすると、いつも以上にわがままになってしまったり、全く言うことを聞かなくなったり、ご飯を食べなくなったり、学校に行きたがらないなどの症状に訴えかける場合もあります。

これはかなりの重度の子供のサインですから、決して見逃すことがあってはなりません。

仕事は他の人にできても、我が子の子育ては母親にしかできないのです。

決して優先順位を間違えない様にしましょう。