子育てで感じるイライラの対処法

子育てでイライラする原因

子育ては周りの人が思っている以上にストレスがたまるものです。身体的にも精神的にもとても力を消耗するものですし、気力も使い果たしてしまいます。子育てを楽しめればそれが一番良いのですが、子育て中はなかなかそんな心の余裕もないものです。そんな時に配偶者である夫が子育てに協力的であれば、少し気持ちの余裕も生まれるかもしれませんが、なかなかそうもいかない現場が待っているようです。子育てに関してどうすれば夫にイライラしないで済むか、実際的な方法をご紹介したいと思います。一つ目は子育ての方針に関して意見が合わず、イライラすると言う場合、夫に相談する状況をよく見極めるということです。

子育てにかんしてだけではなく夫婦関係に関してはすべてそうかもしれませんが、妻が夫に何か相談したいと思った時に夫はそんな気分ではないと言う場合がよくあるでしょう。忙しくて疲れていたのかもしれませんし、何か考え事があったのかもしれません。

妻は妻で忙しいですが、お互い気持ちの余裕がない時にはお互いの状況を考えることもできないでしょう。そんな時に子育ての面での相談をしても険悪になってしまうのは目に見えています。何か大事な相談をしなければならない時には、休日などのお互い気持ちがゆったりしている時を選んで、上手にタイミングを計るようにしましょう。2人にとって大事なお子さんのための相談事であればなおさら、じっくりと話し合わなければなりません。

赤ちゃんであっても両親の険悪な雰囲気は感じるものですから、気をつけるようにしましょう。

子育てで感じるイライラの対処法

子育てのストレス原因2

子育てに関してイライラする原因は他にもたくさんありますが、夫が子供に無関心と言う状況をよく見られるようです。自分の子供なのにそんなはずはと思うのが母親ですが、父親は一日の長い時間外で働いていますし、遅く帰って来れば子供はもう寝ているという状況がほとんどでしょう。

子供と接する時間が少なければ少ないほど、男性は子供にどう接していいかわからなくなるようですし、愛情はあってもどう示して良いか分からないと言う意見もよく聞きます。夫が子供に近づかないのを見てイライラすると言う女性はとても多いものです。

ですが子供が父親と良い関係を築けるように助けてあげれるのは母親だけです。なるべく子供が小さいうちから子供には父親のことを沢山話してあげること、夫には子供の成長についてたくさん話してあげることが大切になってくるかもしれません。子供が父親を好きになるように助けてあげるのはお母さんの大事な役目です。

子供が父親を慕うようになると、父親である夫も子供に近づきやすくなり、愛情が深くなりますし、関わりも多くなります。そのようにすると子育てに積極的に参加してくれるようになるので、結果的に母親も少し楽になれるというわけです。

イライラすることは簡単ですが、そんな感情になる原因を突き止めて、そうならないように状況をコントロールするように努力することも大切かもしれません。

次のコラムを読む→コミュニケーションが苦手という方へ②