子育てと仕事2つを並行して行う秘訣

人に頼る

特に女性はいくつかの仕事を同時に行うことは得意な方ですが、それが子育てとなってくれば話は変わってきます。
家の家事をいくつも同時にこなすことは容易なことかもしれませんが、子育ては意思のある人間が関わっているからです。子供は自分の意思を持ち自分の意見を持っていますから、何事もスケジュール通りには進みません。一人で全て行おうとすると実質、時間が足りないので物事が思い通りに進まずイライラし、ストレスが溜まってしまうかもしれません。
イライラしていては子供に悪い影響になってしまいますし、いつも子供に叱ってばかりいると親自身も罪悪感を抱いてしまう可能性があります。そんな時には人に頼ることを覚えましょう。子育ては一人だけではできるものではありません。父親である夫に頼るのはもちろん、親や友人など必要な時には子供を見てもらったり、代わりに買い物に行ってもらったり、食事を作ってもらったりなどと甘えることも必要かもしれません。
子育てを経験した母親達は人の助けなしでは子育てはできないことを認めています。おまけに同時に仕事をしているならばなおさらのことです。子供が急に体調が悪くなり仕事に出れないと言う時もありますし、子供の学校の用事で仕事を休まなければならないこともあります。
そんな時には同僚に頼らざるを得ませんから、他の同僚も子育てをしているならきっとお互い様と感じることでしょう。

一人だけで抱えて誰にも相談せず限界に陥ってしまうよりは、時には人に甘えて、人からの支援を感謝して受け入れましょう。

時間を賢く使う

子育てと仕事2つを並行して行う秘訣

1日にたくさんの仕事をこなすことができる人はある点が共通していると言います。それは一日のスタートの時間が早いと言うことです。
朝早く起きて、朝のうちに必要なことをほとんど済ませておくと言うタイプの方は、一日で成し遂げることができる物事の数がとても多いと言われています。
子育てと仕事を両立しているお母さんたちの中には、朝のうちにほとんどの家事を終わらせておいて、仕事から帰ってきてからバタバタしないで済むように段取りしていると言う人も少なくありません。夕飯の下ごしらえや洗濯や掃除など早めに済ませておくのです。
実際夕方仕事から帰ってきてすべての家事を行うのは時間的にも不可能ですし、そんな気力さえ残っていないかもしれません。まだ体力もある朝のうちにほとんど終わらせておくと言うのは現実的です。
また時間を賢く使うために、高機能の家電を取り入れている家庭も少なくありません。乾燥機付きの洗濯機を使って洗濯物を干さないでいいようにしている家庭もありますし、洗濯物を取り入れてただの時間をなくすために、全てハンガー掛けにしていると言う母親もいます。
それぞれの家によって工夫する方法は違いますが、なるべく1つの作業にたくさんの時間を使うことがない様に、工夫して動く様にすると余計なイライラを溜めずに済むかもしれません。

次のコラムを読む→最近の子育ての動向は?