子育てにまつわる悩み

イライラが止まらない

インターネットで子育てと検索すると、関連するワードとしてイライラという言葉がすぐに出てきます。子育てイライラと入れると、すごい数の情報が溢れています。
子育て世代の親たちがイライラを感じると言うのは当然の事かもしれません。

子供を育てることは並大抵のことではありませんし、初めての経験となると特にわからないことだらけでイライラが溜まり、ストレスを感じやすい状況でしょう。
子育てを後になって思い返せば、笑えるエピソードも多いかもしれませんが子育てをしている時にはそんな余裕もなく、子供が思い通りにいかないのでいつもイライラしていたという思い出も多いかもしれません。
子育てにおいてイライラを少なくするためにはどうしたらいいのでしょうか。

一つはイライラする理由を考えてみるということです。
人それぞれ状況が違う様にイライラする理由も様々です。子供が言うことを聞かず、子供に対してイライラしているのか、子供にアクシデントが生じて自分の子育ての方法を悔やみ自分に対してイライラしているのか、子育てを手伝ってくれないなどの理由で配偶者に対してイライラしているのか、自分の状況を少し冷静に分析してみることができるかもしれません。
それによって対処方法も異なってくるでしょう。
子供や自分に対してイライラしているのなら、自分の心の余裕のなさかもしれませんから、自分の好きなことをするなど何かリフレッシュする方法取ってみることもできます。
もし夫が原因であるならば、それはもう話し合うしかありません。話を聞いてもらって、二人で解決策を見つけるしかないのです。
イライラを完全になくすことはできませんが、なるべく少なくできるように工夫してみる必要があるかもしれません。

相談できる人がいない

子育てにまつわる悩み

子育てをしている母親の悩みとしてとても多いのは、相談できる人が近くにいないと言うものです。
自分の親が近くに住んでいる場合も多いかもしれませんが、母親もまだ働いているという家庭も多く、なかなか全て頼れないと言う場合があるかもしれません。
また夫の転勤などで遠くに引っ越してしまった場合、働いていないとなかなか友達もできませんし、ママ友を作る機会は少ないかもしれません。
何かあった時に相談したり、子供を預かってもらったりできる関係性の相談相手が欲しいと感じる人はとても多いものです。

誰にも相談できず不安だけが募っていくとノイローゼ気味になってしまい、なかなかストレスが発散できないという状況に陥ってしまうかもしれません。
そのように孤立しイライラを食べている母親は虐待に走ってしまう可能性が最も高く、それに気づいて止めてくれる人もいないのでどんどんエスカレートしてしまう可能性があります。
夫がそのことに気づくのが一番ですが、仕事が忙しかったり帰ってくるのが遅かったりするなど、なかなか危機的な状況に気づきにくいかもしれません。

次のコラムを読む→子育てには沢山のストレスが伴うので…