子育てによるノイローゼにみられる症状

子供が可愛くなくなる

子育てにストレスはつきものです。子育てが終わってしまった方は良い思い出として残るかもしれませんが、今現在子育て中の世代のお母さんたちにとっては笑い事ではないかもしれません。何かとイライラしたり、喜怒哀楽が激しくなってしまうこともあるようです。その育児ノイローゼの症状の一つとして、子供が可愛くなくなるという症状があります。これだけ聞くとそれはかなりやばい状態なんじゃないかと心配してしまいますが、実際に可愛くないと思っているわけではないのです。精神的に参ってしまって、一時的にそういう感情に襲われると言う話です。子供の夜泣きがひどかったり、子供の性格上、抱っこしていないとずっと泣き続けてしまうなどの場合には母親の精神的ストレスがかなり強い場合があります。いくら我が子とはいえ、甲高い赤ちゃんの泣き声を一日中ずっと聴いているとさすがの母親もイライラしてきて、気持ち的に参ってしまうというわけです。それは容易に想像できる状況でしょう。そのような時には一人だけで問題を抱えてしまったりせず、自分の感情を夫に話したり、親に聞いてもらったり、ファミリーサポートや家事代行サービスなどもありますからそのようなサービスを利用してどこかで気を抜くことが必要でしょう。母親はタグであるとはいえ人間ですから、どこかで息抜きすることが必要です。

子育てによるノイローゼにみられる症状

睡眠がとれない

子育て中の母親にとって寝られないというのは共通の悩みかもしれません。もちろん物理的に夜泣きがひどかったり、神経が張り詰めていて寝られないという状況もあるかもしれませんが、精神的にノイローゼの状態になってしまっていて睡眠が取れないという状況もあります。睡眠薬などを飲んでしまっては、夜赤ちゃんにミルクを飲ませる時に起きられませんし、子供が夜中に急に熱を出してしまっても対応できないのでその方法は難しいかもしれません。ですが睡眠を取らない状態がずっと続くと、頭がぼーっとしてきたり、体力が落ちてきて食欲がなくなってしまったり、他の症状を引き起こしてしまいます。母親にはこの子には私しかいないと言う感情が強いですから、気を張っている時には頑張れても、それは長期間は続きません。もし慢性的に睡眠がとれないという状況が続いているなら、専門家に相談することが一番でしょう。また夫や家族に協力をお願いして、なるべく夜眠れるように状況を整えることもできます。

次のコラムを読む→子育て中の夫婦は意見が異なる