子育てに伴うストレスの要因にはどんなものがあるか

公共の乗り物を利用するとき

世の中には赤ちゃんに対して色んな見方をする人がいます。大抵はかわいいと感じるものですが、中には赤ちゃんの泣き声に不快感を示す人もいます。子育ての経験がなかったり、身近に赤ちゃんがいたことがなかったり、何かトラウマがあったり。人には様々な事情があり、色んな人がいますからそれは仕方のないことです。特に公共に乗り物に乗った時に、赤ちゃんの泣き声に文句を言われたり、にらまれたり、怒られたりと辛い思いをしたお母さんたちは多いようです。電車やバス、飛行機やフェリー、モノレールなど多くの人が同じ空間にとどまり、しかも密閉されていますから必要以上に赤ちゃんの声を大きく過敏に、うるさく感じるのかもしれません。昔に比べて今はバスや電車にもベビーカー専用のスペースが設けてあったり、空港内でもベビーカーの貸し出しがあったりと、育児に配慮したサービスが定着していますが、全ての人が協力的なわけではないことは覚えておかなければなりません。中には、乗り物の中で冷たい視線を浴びるのがストレスでノイローゼ気味になり、乗れなくなってしまったという母親もいるようです。

子育てに伴うストレスの要因にはどんなものがあるか

外食の時

公共の乗り物と同じで、外食の時にも小さい子供を連れているとあからさまに嫌がられたり、ほかのお客さんが近くに座ることを拒んだり、子供が泣きだすと冷たい視線を浴びるという悲しい現実に直面したお母さんたちもおられますお店の中では確かに鳴き声が響きますし、楽しく食事をしたいと思っている他のお客さん不快な思いをすると言う可能性はあるかもしれません。ですが、知らない場所に行くと赤ちゃんも緊張してしまい、神経質になって泣き出してしまうというのはよくあることです。実際他の人の反応や、店員さんの冷たい態度に耐えきれず、すぐに店を出てしまったというお母さんや、それ以来外食するのがストレスで出かけられなくなったという母親もいる程です。どちらの気持ちも分かるものですから、良い解決策はないものかと思いますが、やはり大人の側が温かい目で見守るしかないかもしれません。どんな大人であっても昔は赤ちゃんだったわけですし、自分の親もそのように辛い思いをしたかもしれません。同時に 小さい子供がいる親の側も、赤ちゃんの場合ならしょうがないことですが、子供が2、3歳になり歩き回れる年になるならば、外食時にお店の中で子供が走り回ったり、大きな声をあげたりして他の方の迷惑にならないようにきちんとしつける責任はあるでしょう。子供が暴れて騒がしいので、他の人から怒られたと言うなら、それは子育て中の親の方に問題があるかもしれません。

次のコラムを読む→夫婦で子育てのコミュニケーションをとる