子育ての意識の違いを乗り越える

夫婦での意見衝突

子供は夫婦二人で育てるものです。
もちろん夫婦二人の子供ですし、子供のことを大切に思う気持ちは二人とも同じことでしょう。

ですがやはり男性と女性は愛情の示し方や考え方が違う場合が多くあり、子育てにおいて夫婦が意見が合わないという状況が見られるのは仕方のないことかもしれません。
とかく女性は今チョクメンしている問題や、身近なことに 目が向きやすいですが、対照的に男性は広い範囲で物事を見ていることが多く、今現在の問題ではなく長いスパンを考えて決定することが多くあるようです。
それだからこそ夫婦として丁度良いのかもしれませんが、それがもとで意見が衝突してしまうということは多くの夫婦が経験する問題の様です。それを解消するために一番良いのは、やはりゆっくり時間を取って二人で話し合うことでしょう。
育児中でなかなか話し合いの時間を取るのは難しいかもしれませんが、周りの人にも協力してもらって、気が散らない時間や状況を作り、それともゆったりとした気持ちでいる時に今後の子育ての方針について話し合うのです。
そうした機会を持たなければ妻と夫は育児に関しての意見の違いで疲れてしまい、イライラしてしまったりストレスが溜まってしまう結果になるかもしれません。
両親の子育て方針が一致していることは、子供の人格形成や子供が大きくなって結婚して子供を持った時に、自分の子供にどのように接するかにも影響してくると言われています。
そんなに大きな影響を与えるのであれば、両親が仲がよいことは本当に大切なことですね。

親との意見の違い

子育ての意識の違いを乗り越える

子育てにおいて若い夫婦の強力なサポートといえば自分の両親達でしょう。
自分たちを育ててくれた人ですし、子育ての経験も豊富です。
いろんな問題を乗り越えてきて、様々な対処法も知っています。ですが経験をたくさん住んでいる故に、子供達が子育てをしていることに口を出したくなってしまうという場合もあるかもしれません。
もちろん生まれてきた赤ちゃんは自分にとっては孫になりますから、可愛いのは当然ですし、子育てに慣れておらずぎこちない育児をしている子供たちを見ていると心配になるのは普通のことかもしれません。
ですが第三者が子育ての方針に口を出すと、ややこしくなってくるのは目に見えています。

子供を育てる責任はその子の両親にありますが、その両親ではない人が母親のやり方について口を出したり、代わりに行ってしまったり、大人たちの間で意見が割れているのを見ると、赤ちゃんは混乱し精神的にも大きな影響を与えると言われています。
両親の威厳も保たれませんし、子育てにおいて誰が主導権を握っているのか全く分からなくなってしまいます。
そうしたことを避けるためにも祖父母の立場である方は、もちろんサポートし助けが必要な時には手を差し伸べますが、口出しするのではなく温かい目で子育て世代を見守っていきましょう。

次のコラムを読む→母親を悩ませる問題について