子育ての現実

ストレス

子育てという言葉をネットで検索すると、たくさんの情報が出てきますが、共通している言葉はネガティブなものが多いのが現実です。例えば、悩み、疲れた、大変、イライラ、相談など、ちょっと不安になってしまうものばかりです。ですがこれが現実なのかもしれません。

子育てに関するアドバイスや情報はそこら辺にあふれています。全てが信用できるものではないかもしれませんが、自分の求めている情報はすぐに手に入るはずです。でもアドバイス通りにやってみても、うまくいかないとか、うちの子供には適用できないとか、様々な要素がストレスを深めていく原因にもなりかねません。多くの専門家が言うように子育てに正解はないとよく言われますが、他の母親は役立ったアドバイスでも、自分の場合には全く役に立たない言う場合もあります。

他の人と同じようにしなければならない、完璧に子供を育てあげなければならない、完璧な母親にならなければならない、こういった様々な感情に押しつぶされてしまって、ストレスがどんどん大きくなり、自分ではコントロールできなくなるという状況になってしまうと、それは子供にも多大な影響を与えます。子供は母親の感情にとても敏感ですから、いつも親の顔色を見て、心理的に辛い状況に置かれるかもしれません。

親としてはそのようなつもりはないのですが、全てが裏目に出てしまうのです。こうした状況にならないためにも、親はストレスを溜めないように、自分で自分自身をコントロールする必要があることは明らかです。

大阪心理カウンセリングは、ただ話を聞くだけじゃなく、自分で自分をコントロールする方法もお教えします。

育児ノイローゼ

育児ノイローゼ

“”育児ノイローゼ””この言葉をお聞きになったことがないという方はほとんどおられないことでしょう。数十年前からこの育児ノイローゼに悩まされて来た母親達は後を絶ちません。時には改善することができず、命をたってしまう母親がいる程です。大阪心理カウンセリングではそのような悩みを抱えている方を放っておきたくありません。

育児ノイローゼにはどんな症状がみられるのでしょうか。例えば子供が泣いたり思い通りにいかなかったりすると、母親自身がパニックになり何も考えられなくなったり、今まで関心があったことにも意欲を示さなくなったり、夜眠れないとか、家から出なくなってしまうなどの症状がみられると言われています。

一見、うつ病にも似ているので分かりにくい場合もありますが、子育て中の環境にあり、周りにサポートしてくれる人がいないなどの環境に置かれると発症する場合が多くあると言われています。

育児ノイローゼの原因として密室育児が挙げられますが、子供とずっと家の中に二人きりでいたりするとこの世界だけが全てになってしまい、うまくいかないとまた落ち込み、それで家に引きこもってしまい、また子供と二人だけの世界という悪循環の繰り返しで、そのサイクルから抜け出せなくなり発症してしまうのです。

育児に夢中になっているお母さんは、自分にそんな症状があることは気づかない場合が多いですから、周りの人が気づいたならすぐにサポートしてあげることが必要です。

次の記事を読む → 【子育ての問題点を理解して解決する方法】