子育てへの新しい取り組み情報

子育てシェアハウス

一軒家の家をシェアハウスとして利用し、育児のシェアをしようとする試みがあることをご存知ですか。昔の世代の母親たちから考えれば検討もつかないことかもしれませんが、今は若い方たちにこの考えが多く受け入れられているようです。ですがもちろんお知らない人同士が集まるわけですから、トラブルを心配する声やもともと子育てはそういう環境のもとに行うものではないと言う批判的な意見も聞かれます。子育てのシェアハウスを利用しようと考えている方の中にはこのような考え方の方もおられます。たくさんの人に触れ合った方が子供の教育にとって良いと言う考え方です。これは多くの方が賛同することなのではないでしょうか。だからといって一緒にすまなくても良いのではないか、と言う意見もありますがそれは人それぞれの考え方でしょう。この子育てシェアハウスには育児をしている夫婦だけが住んでいるわけではありません。独身の方も住んでいて、子育ての経験のない方もおられます。どうしてそのシェアハウスを選んだのかと言うと自分が子供を産みそして育てる前に、子育てのサポートをすることで予行練習をしたい、すっという方もおられる様です。何事も新しい取り組みが始まる時には、賛否両論の意見に分かれるものですが、子育てを楽しく行いたい、子供のためにストレスを溜めずに子育てしたい、と言う親たちの願いを私たちは支援していく必要があるでしょう。新しい生き方を選んだ子育て世代の母親を温かい目で見守って行きましょう。

子育てへの新しい取り組み情報

地域の取り組みの子育て支援

今は少子化世代で本当に子供が少ないので、子供達を大切に育てて行こうと言う意識がとても強くなっている時代です。昔の日本のご近所付き合いという関係もあまりなくなってきた昨今、隣に誰が住んでいるか知らないと言う世帯も少なくありません。そんな希薄な人間関係の中で、子供を育てていくのはとても大変なことかもしれません。子供が小さい頃から様々な年齢層の人と触れ合うことはとても子供の精神的安定、心理的成長を促すと言われています。昔は二世帯、三世帯家族が普通でしたから、家の中にお爺ちゃんやお婆ちゃんがいて、親がいて兄弟がいてと言うたくさんの年齢層が一緒に住む中で子供を育ててきました。ですから子供はとても順応性があり、人間関係を築いていくのがとても上手で、精神的に安定していると読める人がありました。今はそのようにして暮らす人は少ないですから人との関わり合いがとても少ない中で子育てを行っていかなければならないかもしれません。ということが受けられる支援も少ないということです。そこに注目してある地域では地域ごとに子育て支援を行なっている団体が数多くあります。定年して子育てをずいぶん前に終えた年配の男女が小さな子供を預かったり、一緒に遊んだり、学校への登校下校時に道に立って安全確認をするなどの非営利のサービスが数多く存在しています。子育てで忙しいお母さんたちにとってそのような支援はとても嬉しいものでしょう。またたくさんの経験を積んだ祖父母の様な年齢層の方ばかりですから、相談しやすいというメリットもあるでしょう。

次のコラムを読む→ 子育てストレスを感じやすい人はどんな人?