子育て世代の母親を悩ませる多くの問題

公共の乗り物に乗れない

最近は少子化ということもあり、子育てをみんなで手伝って行こうと言う思考が広まっています。
子育てネットワークがあったり、子育てを行っている世代に支援金があったり、公共の乗り物にも妊婦さんやベビーカーを使っている人への配慮が見られています。
ベビーカー専用のスペースがあったり、妊婦さんや子供を連れている人たちを優先的に座らせて欲しいとアナウンスが流れているなど、みんなで子育て世代の親たちを助けようと言う風潮が広まっています。

ですがそんな考えが多い一方、全ての人が子育てにおいて肯定的な意見を持っているわけではありません。
子供が公共の乗り物に乗って泣き叫んでいる姿もご覧になったことのある方もおられるのではないでしょうか。
もちろん子供ですから泣くのは仕方のないことですし、見慣れない乗り物に乗って怖いので泣いているのかもしれませんが、密室の乗り物の中でずっと子供の鳴き声を聞いていると言うのは耐え難いと良い人がおられるのも事実です。
母親としてもどうしようもない状況なのですが、バスや電車に乗っている時に子供が泣いてしまい、周りの人から冷たい目で見られたり、時には冷たい言葉を浴びせられる経験をした母親の中には、そのことがトラウマで公共の乗り物に乗れなくなってしまったと言う人もいます。
もちろん子育てを経験していなかったり、子供がいる環境に慣れていない人の中には通して子供が泣き続けるのか理解が出来なかったり、通してすぐに泣き止ませないのかわからないけど述べる人もいます。
子育てに関していろんな見方があるとはいえ、子供が泣いているだけで母子ともに辛い思いをすると言うのは、残念な世の中です。

子供についての否定的な意見

子育て世代の母親を悩ませる多くの問題

公共の乗り物の場合と同様、子供の言動や子供自体に関して、全ての人が肯定的な意見を持っているわけではありません。
子供が苦手だと言う人もいますし、子供時代に大きなトラウマを抱えていて子供を見るとそのことを思い出し辛くなると言う人もいるでしょうし、子育てに魅力を感じないと言う人もいるでしょう。
様々な考え方の人がいるのは仕方のないことですし、どうすることもできないことですが、親しい人から子供について否定的な意見を言われることで辛い思いをしている母親もいる様です。
子供に関して、もっと良い子だったら良いのにとか子供は産むべきではないなどの辛辣な言葉を浴びせる人もいます。そのような人の感情がどの様なものか、理解しがたいことですが、きっとその人なりの考えがあるのでしょう。
ですが自分の子供に関してその様な否定的な意見を言われると、怒りを覚えますし、ストレスの原因にもなるでしょう。
いつもいつもその様なことを言われて精神的に限界に追い詰められてしまう母親もいます。
それが親しい人であればあるほど、辛いことです。
子育てに限らずどんなことでも肯定的な意見としている否定的な意見に分かれるものです。
いろんな考え方があるからと割り切って考えることができれば楽なのですが、もしそうできない場合には誰かに辛い気持ちを話したり、そんなこと言わないで欲しいと相手の人に訴える必要もあるでしょう。

次のコラムを読む→子育てで生じる変化を夫婦で解決!