成功する子育ての秘訣ー子供とのコミュニケーション

子供が小さい時

子供が生まれると親はこの子を立派に育て上げたいと思うものです。

子供にたくさんの愛情を注ぎ、たくさんの時間をかけ、自分の人生を捧げることでしょう。
もちろん子供にたくさんのお金をかけたり、たくさんの時間をかけたり、たくさんのことを教えたりすることは大切なことですが、育児において成功の秘訣は子供とのコミュニケーションがあるかないかだと言われています。
子供が小さいうちは対等に話すことはできないかもしれませんが、子供によく話しかけることによってコミュニケーションを取ることができます。比較的母親がおしゃべりな場合、その子供はとても話すことが上手で、人とのコミュニケーション能力が高いと言われています。
口数が多いことがメリットになる場合もデメリットになる場合もありますが、コミュニケーションをとることは自分の気持ちを上手に相手に伝えたり、他の人の話を聞いて理解するなど、社会人にとって必要な能力を子供の頃から養い育てることができるのです。
一方口数の少ない母親に育てられた子供は、比較的コミュニケーション能力が低く、自分の気持ちを上手に伝えることが苦手であったり、他の人の感情を理解するのに時間がかかったり、人との関わりが少なかったりなど、デメリットが多いとも言われています。
子供が赤ちゃんの時によく話しかけることは、子供のコミュニケーション能力を高める上ででとても助けになるようです。

思春期になったら

成功する子育ての秘訣ー子供とのコミュニケーション

子供が思春期になった時には少し状況が変わるかもしれません。
子供が小さい時とは違い、子供と対等に話すことができますし、子供も自分の意思を親に伝えたり、コミュニケーションを相互にはかることができます。
思春期で難しい時期でもあるので、コミュニケーションをとることでお互いイライラしたり、ストレスが溜まることもあるかもしれませんが、難しい席だからこそ意思の疎通を図ることは大切です。
子供が何を考えているのか、子供にとって今何が必要で、何が必要ではないのか、どんな人たちと付き合っているのか、将来のことをどのように考えているのかなど、子供のちょっとした言動から汲み取ることができるかもしれません。
思春期の子供は親に何か相談したいと思っていても、親に頼るのが恥ずかしいとか、話しづらいなどの思春期独特の難しい気持ちを抱えているかもしれません。大人になる前の必要な時期ですから、親も子供の話をよく聞いたり、一緒にどこかに出かけて子供がリラックスしている時に何気なく聞いてみたり、コミュニケーションをとるために何かしらの工夫は必要かもしれません。
自分の好きなことを行っている時など、子供はリラックスしているのでいつもよりもすんなりと話してくれるかもしれません。日常から少し離れて、子供が話しやすい環境を作ってあげることも必要かもしれません。

次のコラムを読む→子育てをする母親たちが育児書に依存するワケ