沢山のストレスが伴う子育てに立ち向かう

どんなストレスがあるのか

世の中にストレスを感じない人などいません。

ストレスの内容や強い弱いはあったにしろ、ストレスフリーで毎日生活していると言う人はほとんどいないことでしょう。
仕事が原因となる人もいますし、夫婦関係がストレスの原因だと言う人もいます。
子育て世代の母親にとって一番のストレスはやはり思い通りにいかない子育てでしょう。
子育てに専念していたとしても、子育てと仕事を両立していたとしても、子育てから感じるストレスはとても大きなものがあります。
自分以外の人間を育てなければいけないのですからイライラしたりストレスを感じるのは当然のことかもしれません。
例えば子供が言うことを聞かない、子供とコミュニケーションが取れない、一緒に過ごす時間がない、子供が何を考えているのかわからない、良くない友達と付き合っている、など家庭それぞれで訳もそれぞれあるかもしれませんが、子供を持つ多くの親の悩みはほとんど同じでしょう。
様々な専門家の意見もありますが、時代によって専門家の意見も変わり、人によっても意見は様々ですから、一体どの意見を信頼して良いのか分からないと言う場合が多いかもしれません。

どのように解決するか

沢山のストレスが伴う子育てに立ち向かう

子育てにおいてストレスを感じるか感じないかは母親の性格ももちろん関係していますが、考え方にもかなりの影響があると言われています。
つまり母親の思考回路が子育ての方法にかなり反映されていると言うことです。
比較的母親が楽観的な考え方をしている家庭は、家庭の雰囲気も明るく、全てが完璧と言うには程遠い状態かもしれませんが、子供も比較的のびのびと育っていて、他の人との人間関係も良好であり、親子のコミュニケーションの疎通もうまくいっている場合が多いと言われます。
逆に母親がきっちりしていて少し神経質考え方の場合は、家の中はとても綺麗であまり乱れていないのですが、子供も少し神経質気味で他の子供との人間関係もあまり上手にできないと言う場合が少なくないようです。

母親と子供は常に一緒にいますから、母親の考え方が子供の性格に影響を与えるのはしょうがないことかもしれません。母親はその事実をよく覚えておく必要があります。
ストレスを感じるなと言うのは無理なことですから、それを子供の前で表現するかしないかは子供に影響を与えるという事実を忘れてはならないのです。もしストレスがあってどうしようもない時には、なるべく子供にわからない様に自分一人の時間を守ってストレスを発散する様にしましょう。
子供の前ではいつも明るい母親でいる必要があるかもしれません。

次のコラムを読む→たくさんの子育て情報を利用する!