育児ノイローゼに気をつけて

育児ノイローゼはどんな人がなりやすいか

初めて子供が生まれると何とも言えない感情に満たされるものです。大切な我が子であり、たくさんの愛情をかけて育てていきたいと思うものでしょう。ですが、喜びの反面、初めての子供である場合は特に不安を感じる母さん達も少なくありません。自分にちゃんと子育てができるだろうか、失敗しないだろうかと不安になるのです。

自分の命よりも大切な存在ですから不安になるのは当然のことですが、その感情が過剰になってしまうと育児ノイローゼという状況に陥ってしまうかもしれません。最近、この育児ノイローゼになる方がかなり多く、ネットや本などでも多く取り上げられています。

一体どんな人がこの育児ノイローゼになりやすいのでしょうか。この育児ノイローゼになりやすいのはやはり真面目な人がほとんどでしょう。子育てを完璧にしたいとか、なんでもマニュアル通りに行わないと気が済まないとか、子供のそばをちょっとでも離れると不安になるなど、真面目で神経質ぎみで、几帳面な性格の方がなりやすいと言われています。真面目なぶん、物事にも全力で取り組むので神経的に疲れ切ってしまいやすくなるのです。

また子育てに関して相談できる人が身近におらず、自分一人で子育ての一切を行わなければならない場合、精神的に誰にも頼れないので追い込まれてしまって育児ノイローゼになってしまうという方もおられる様です。育児のストレスを抱えている、育児ノイローゼになってしまった、といった悩みは抱え込むとどんどん悪化していく傾向にあります。

悪化する前に、大阪心理カウンセリングで悩みをお話してみませんか?

育児ノイローゼにご注意!

どんな対策があるのか

育児ノイローゼにならないためには、やはり相談できる人が身近にいることや誰かに頼れる環境に身を置くことでしょう。普通は父親である夫や自分の両親や友人達が近くにいるので、子育てに関して不安なことがあれば相談に乗ってもらったり、一緒に世話を手伝ってもらったりすることができますが、シングルマザーであったり、親や友人が近くにいない場合育児ノイローゼになりやすい環境と言えるでしょう。

また初めての子育てでわからないことだらけだったらもちろん不安になるのが当然ですが、何でも完璧に行おうとせずに、必要な時には人に頼って子育てを手伝って貰おうとするぐらいの気持ちの余裕が必要かもしれません。

時には子育てだけに没頭せず息抜きの時間を取ってみたり、友人と出かけたりしてみて気持ちをリセットすることも必要でしょう。さまざまな育児本や育児ノイローゼに対策するための情報もありますが、全てをそのまま鵜呑みにすることなく、自分の取り入れやすい方法だけ取り入れて、気持ちに余裕を持って育児に取り組んでみましょう。

次の記事を読む → 【子育てに適した環境とは】