S__16408590

起承転結を意識するのが成功者

余裕ができたころ、こういう隙間に高額な詐欺情報商材が入ってきます。

対面営業とネット営業では、売り方が違います。

しかも、グーグルやFB、インスタは、他人が作ったフィールドです。

なので、仕組みが変わってしまあば、それに従わなければいけません。

せっかく築いた仕組みも、簡単に潰されてしまいます。

昔の僕です。

たとえ、売れるライティングができても

・グーグルアルゴリズムはわかるの?

・産業ごとの市場傾向はわかるの?

・税と消費の関係を知ってるの?

ようするに、何かができたら他もできる錯覚に陥ってしまいますが、人生を狂わすきっかけにもなります。

・できることより、足りないことの方がはるかに多い

なので僕は、世間の情報は疑ってかかれっていうメッセージを出しています。

ちょっとした欲で、今までの苦労が消えてしまったという人を何人も見てきました。

僕も欲の塊だったから、想像を絶するほど数えきれない人に騙されてきました。

だからすぐに本質がわかるようになりました。

そして

Aさんには最適だが、Bさんには不向き

と言うことも沢山あります。

なので、僕は一人ひとり違う指導をしています。

・賢い人は、物事を繋げながら行動する

・情報弱者は、すぐに何でも一つにまとめる

簡単に言うと

ベンツに乗っている人全員が悪いことをしているわけじゃない。

そういうイメージも少なからずあるのは確かですが

しかし「ベンツに乗っている人は悪い人だ」と、勝手に決めつけているのがアホです。

そこで、情弱と賢い人の見分け方があるので、その一つを書いておきます。

・全ての情報源がテレビとネットの人

嘘しか流さないと言われている媒体でも、多少は役に立つことも発信していますが

しかし、そういう話を全部ウノミにしている人は、信用してはいけません。

・最強の情報弱者は、テレビからしか情報をとれない

それは、薄っぺらい人なので、誰からも相手にされていないっていう証拠です。

そもそも、どこからの資金でテレビ番組が構成されているかを考えたら、テレビなんてのは巨大な広告媒体でしかないってことも簡単にわかるはずです。

さらに、一つや二つのわずかな情報だけを信じて、それが世の中の意見だと、とんでもない勘違いをしてしまいます。

つまり、自分が使える情報か、そうではない情報かを見抜けません。

・情報弱者は情報を精査する○○を知らない

賢い人は、テレビ、ネット、知識人、過去の出来事、時事など、多くの情報源を総合的に判断して行動します。

とはいうものの、何が使える情報なのかを見抜くには“○○思考”が必要ですが。

数ある情報をどう使うか

これが人生の分かれ道になりますよ!

これからは、もっともっと貧乏と金持ち「真っ二つ」に分かれる世界になっていきます。

みんな、貧乏人にならないように、足を引っ張るヤカラを蹴散らして行きましょう!

美しく楽しく生きていくためには、美しい情報を手に入れることに尽きます

では、今回はこの辺で

次のワクワクする勉強会は82013

参加希望の方はこちらをクリック

メルマガ登録はこちらをクリック

 

この記事面白い!と思ったら、上のメルマガの登録!を、素早く勢いよくポチっとお願いします!

あなたが欲しそうな特典を用意するので、勉強会に来たときに「登録したから何かくれ」って、僕に教えてくださいね。

既に登録している人はスルーしてください。